FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

妄想神起~日常編~

今回は~日常編~です!

今回はパス付きにしません^^


大分前に書いた会話編(こちらから
のようなものですのでそちらも楽しんでいただけると嬉しいです^^


学校で同じ学年の東方神起5人と私。
東方神起は活動中!
でも、実はすんでいる宿舎が一緒だった!!!
宿舎での会話のやりとり。あっ、もちろん部屋は別々♪笑




では、長くなりますので追記から...


メンバーにはそれぞれ色がついています。
私のセリフは黒です!「」がついていないセリフは心のセリフです。


ドアがノックされた。


ドア越しに
YH「入っても良い?」
そう聞かれたので


「いーよー」
とベットでゴロゴロ転がりながら答えた。



YH「ちょっと相談したいことがあるんだ」

「なあに~?」

YH「今度新曲出すんだけど、ダンス曲なんだよね」

「ほんとっ!?ユノ目立っちゃうね!!」

YH「えええ~?そうかなあ?笑あはははは」


調子にのったか?笑


「で、相談って?」


YH「あっ、そうそう。ダンス曲でどんなポーズしたらファンは喜ぶかな?」


あーそういうことね!








「ダンス曲ってどんな感じの?」



YH「SEXYな感じなんだ」




「じゃあエロイ感じ??のポーズがいいんじゃないかな?笑」




やってほしいだけー♪うふ










YH「んー、こんな感じ?」
ゆの



いいっ!ものすごくいい....!!笑




YH「こんなかんじかなー?」
yuno.jpg



ちょっ!ヤバイって・・・///
でも、まじめに考えるゆの可愛い~^^笑





「ふははっ」




YH「なんかおかしかったかな??(つд`) 」


「あっ全然!多分今のファンの前でやったらますます人気出るよー!!」



YH「そうかなあ?笑 あはははは」












またまた調子にのって 笑



YH「じゃあ、今度そのポーズももんが♪ちゃんのためにやるよ」





ん・・・?今のって・・・



「えっ?それって..」



YH「もう一度ちゃんというね。あのー...」



YC「ももー!昨日のさー」


YH私「あ。」






ノックもせずに入ってきた男がいた。




YC「何この雰囲気。いちゃいけないんすか?笑」


「あ、ええと、その・・・」
YH「全然大丈夫だよ!うん、大丈夫!」






あ、そうなの...(期待したー泣)





YC「じゃあココにいるわ。」











いんのかい!






YH「ユチョンはどうしたの?」

YC「俺はー、てユノヒョンには秘密!!w」

YH「なんだよー!2人の秘密ー??」

YC「まあ、そうだよねー?ももっ」

「えっ??あ、うん!」

YH「気になるなあ~!」












CM「にぎやかですね。うるさいんですけど」


ちょいきれのチャンミンが入ってきた。

「ごめん!でもあたしのせいじゃっ」

CM「なんでヒョン達がいるんですか。」






「あ、あのね、」
YC「チャンミン~ユノヒョンがももにね!」
YH「ああああああ!!!なんでもない!」
YC「さっきねすんごい良い雰囲...」
YH「なんでもないってば!」

CM「ん?何ですか、気になりますね」



君達のほうがうるさいんですけどw







CM「ヒョン達が帰らないなら僕もここにいます」
YHYC「おーそうしよう!」







なんでやねん!




どんどん話進んでいくんですけどw



チャンミンはどうやら自分の部屋で作曲の勉強をしていたらしい。
そりゃうるさくされたら嫌だわな。^^;




チャンミンはあんまり芸能活動のこととかで、
相談してこない。
主に相談してくるのは2Uと呼ばれる男たち(笑)
でも、ファンに見せる前に色々言ってこられると、
何だか特別扱いされてる感じ><




なんだかんだで団らんしてると、

YC「やっばい!どーしよ!!!」




心臓飛び出そうなくらいの大声で言った。



「な、なしたん!」




YC「ジェジュンヒョンとの約束、忘れてた!!」






YHCM「あああああああ!!!」



そう、今日は、宿舎のメンバー全員でご飯食べよう会が
実施される日だった。といってもメンバーは私達だけなんだけど。笑




駆け足でジェジュンの部屋に行った






YCYHCM私「ごめん・・・」




JJ「もう、チゲサメチャッタヨ。」


いつものジェジュンらしくない。
怒ってる。


JJ「みんなにちゃんと言っておいたのに。みんな一緒にいたの?」



「うん・・・」



JJ「来てくれたのはジュンスだけだし!」
JS「そうだおー!!」




ジュンス...あんた偉いよT T笑





YC「ごめん。。。」



その後なぜ私の部屋にみんなが来たかという理由を聞くと、
納得してくれた。




しかしチゲはみんなが来ないと察知したのでジュンスとジェジュンで
食べてしまったらしく、ただの「集まる会」のようなものになってしまった。



JJ「罰ゲームしてもらおっかな♪」



CM「なんですか?」



JJ「今日約束忘れた罰^^」



YH「何をやればいいの?」


JJ「じゃあ、僕のお願いをかなえてもらおう!」


YC「何なに?」


JJ「ももちゃんを1日かりる♪」




はい?



「えっ、それは...?」
YH「それは..」

JJ「みんなが約束忘れたんだからねー!みんな文句言っちゃダメ!
   ももちゃん、1日だけ、お願い><」




その後は、誰も反論することが出来ず、決まりとなってしまった。


つづく



長い間、お付き合いいただき、ありがとうございました^^
まさかの「つづく」笑


だって長いんですもん!


でも、これから続々と進展していく予定なので見た方は
拍手・コメントくださると嬉しいです☆




| 妄想やってもよさそうだ! | 22:14 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

どうも!!
モモちゃん借りられるんですか!?
JJからレンタル!?なんとうらやましいーー!!!
この続き楽しみに待ってます☆☆

| うらのおもてのうら | 2010/08/06 02:44 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jyjcy501.blog99.fc2.com/tb.php/282-a224ff8f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。